時効の援用

借金をしてから5年以上経過している方へ

  • 5年以上昔の借金について、返済するよう催促されている。
  • 急に昔の借金のことで通知が来た。
  • 自分の借金に時効が成立するのか確認したい。
  • 時効をしっかりと確定させたい。

借金には時効があり、会社から借りている場合は5年、個人から借りている場合は10年で成立します(借り入れ目的などにより多少異なります)。ただし、返済していた期間や、差し押さえや仮押さえが行われた場合には、カウントされません。細かな条件によって時効が成立するかどうかは異なりますので、可能性のある方は、一度ご相談にお越し頂ければと思います。

司法書士に依頼するメリット

時効が成立するかどうかの判断はもちろん、実際に借金を消滅させるためには相手にその旨を伝える必要があります。これを「援用」と言います。当事務所では、内容証明郵便を使い、法的に有効な書式で送付しますので、後で裁判になった場合も有効な証拠となります。

時効期間が過ぎた後に、返済通知が来たら

時効が過ぎた後でも、一度でも返済をするとそこでまた時効成立までの期間がリセットされてしまいます。貸金業者の中には、時効成立を阻止するために、少額の請求をするところもあるようです。このような場合には、ご自身で判断すると不利益を被ることになってしまいますので、借金のことで対応に困った際は、まず当事務所までご相談ください。

予約