ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2017.07.31更新

相続対策をしようと思うとき、何がきっかけになるでしょうか。

多くの人は、相続税などの税金がキーワードではないでしょうか。

お金の話が一番行動しやすいですから。

 

一方、兄弟の仲が悪い、子供がいない、財産を渡したい人がいる、逆に渡したくない人がいるなどなど。

どの相続も同じものはなかったりします。

何に注意すればよいかは、相続の案件ごとに違います。

贈与税や相続税に力点を置くのか。

遺産分割や遺産承継に力点を置くのか。

 

そうなると、誰か一人による万能の解決は結構大変だったりします。

全体をコーディネイトする人は必要ですが、それぞれの専門家の知識と経験を結集することが最善の策となります。

その点、不動産や会社登記、法律の専門は司法書士、税金の専門は税理士、裁判の専門は弁護士など、○○士と呼ばれる人を利用すると解決の糸口が見つかることが少なくありません。仮に別の会社や業者に相続の相談をしても最終的に回答をしているのは○○士とかだったりしますから(笑)

 

間に業者さんが入ると、その分の報酬が入ることもあります。であれば、直接、相続問題に積極的に取り組んでいる○○士と呼ばれる人に直接依頼をした方が短期間で費用面でも効率よく解決を図れることがあります。

相続の相談は、突っ込んだ話をしなくてはいけません。信頼できる人を見つけて相談するのが一番です。

 

ご参考までに。

 

 

 

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所