ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2018.03.30更新

最近、相続や成年後見といった内容でセミナーの依頼を受けました。

2月に引き続き、明日も行います。

 

この辺りの問題は、知りたくても人にはなかなか聞けない分野ではないでしょうか。

本当の解決方法を探そうとすると、どうしても家族関係や財産について突っ込んで聞かないといけない場面も多いです。

こういうことは、まったく知らない第三者の方が話しやすい内容かもしれません。

 

家族難民、パラサイトシングル、老々介護、介護殺人などのキーワードを目にします。

昔、家族間で相互補完をしてきたものがなくなり、別の方法で補完しなくてはいけません。

でも、限られた税金で国が援助するにも限界があります。

 

いろいろな相談を受ける中で、私の実感としても独り身の人は多いんだなぁと感じます。

子供がいても孤独。

子供に面倒をかけたくないと親が思うケースもあれば、子供が親に関心がない又は自分のことで精一杯になっていたり。

現代は、みんな自分のことでいっぱいいっぱいです。

 

家族の間だけでなく、近所や友達などあらゆる人間関係そのものが希薄になっているので、孤独になり、介護殺人などの悲しい事件も起こってしまうこともあります。

司法書士の場合、法律や各種手続きでお手伝いをします。

どうすれば、希望をかなえられるのか。

本人が望む環境を作り、提供することです。

何が正解なのかわからないくなることも多いですが、やりがいのある仕事です。

 

成年後見がその答えになることもあります。

ひとつの答えを導き出す何かお手伝いができればと思っています。

まずは、どこかの無料相談でいいと思います。

最初の行動からすべては始まります。

 

平成30年3月30日

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH