ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2018.10.31更新

「会社の取締役を変更したい」

「取締役に息子を入れたい。」

「代表取締役社長を長男にしたい」

「何年も登記を変更していないが、取締役に任期はあるのか?」

疑問に持たれる方も多いと思います。会社の登記申請は毎年のように必要になることはない場合がほとんどです。しかし、登記事項に変更が生じた場合、一定期間内に登記申請もしないと過料に科せられることがあるのです。これは代表取締役等の代表者の方に科せられますので注意が必要です。そこで、今回は、自分で会社の役員変更登記をする方に注意点をいくつかご説明します。参考にして登記申請を行うようにして下さい。

 

1 いつまでに登記すべきか

会社の登記申請には法律で申請すべき期間が決まっています。変更日から2週間以内です。この点は、これらの登記申請期限のない不動産の登記とは大きく異なります。この期間に登記申請されなかった場合、代表者の方が過料の対象となります。この期間を1日でも過ぎれば必ず科せられるというものではありませんが、期間経過後は、科せられても文句は言えません。また、この期限を過ぎても登記申請自体は問題なくできますので、ご安心下さい。私も、変更日から1年以上経過した登記申請をしたことが何回もあります。

2 どのような手順で登記するの?

登記申請には添付書類といって、必要な書類を提出する必要があります。これは行う登記によって異なります。添付書類が準備できたら、登記申請書も作成して定められた収入印紙を貼り、会社の登記を管轄する法務局へ申請書を提出します。申請後は、法務局で書類のチェックをして、問題なければ登記情報の変更をします。この法務局内部の処理時間はおよそ1週間程度で完了することが多いです。この処理中は、会社の登記簿謄本や印鑑証明書は取得できません。登記申請が出されると登記簿がロックされてしましますので、ご注意下さい。また、申請をする法務局を間違うと、申請を一度取り下げてやり直すか、申請自体が却下されます。

ちなみに、取締役の任期は、最長でも10年です(特例有限会社は除く)。つまり、どんな会社でも10年に1回は登記をすることになるはずなのです。任期満了で同じ人が再選されても、その旨の登記はしなくてはいけません。その関係で休眠会社の制度があります。休眠会社とは、最後の登記から12年を経過している株式会社です。これを過ぎると、既に活動をしていないものとしてみなし解散登記を法務局の登記官が職権で行ってしまうかもしれません。登記制度の信頼や犯罪等による悪用を防止するためにもそういった法律になっています。

3 添付書類は具体的に何が必要か?

まず、会社の最新の謄本と定款を用意します。それらを突き合わせてやろうとしている書類の準備をします。通常の役員変更では、株主総会議事録、株主リスト、取締役決定遺書、定款などが必要になります。必要書類は、定款の定めによって異なりますので、必ず確認するようにして下さい。

4 登記完了後

登記申請が完了したら、登記事項証明書等の会社謄本を取得して、変更事項の確認を念のためして下さい。稀に法務局のミスにより間違った登記変更がなされることもあり得ます。登記後、すぐにしてすれば職権で更正してくれるかもしれませんが、時間が経てばどうなるかわかりません。必ず確認するようにしましょう。

 

今回は、自分で会社の取締役、代表取締役や監査役等の役員変更の登記をする場合の注意点をご案内しました。会社は、設立登記をした以後、何か登記事項の変更をすれば都度申請をしなくてはいけません。ちなみに株主の数や名前は登記事項ではありませんが、通常、何が登記事項で、何が登記事項でないのかすぐにわからないことが多いと思います。何を変更したときに2週間以内に登記しなくてはいけないのか。迷うところですよね。登記の専門家は司法書士になりますので、迷ったときは一度お近くの司法書士事務所にご相談下さい。当司法書士事務所でも無料でご相談をお受けしております。よろしければご利用下さい。

 

名古屋で取締役などの役員変更登記ならごとう司法書士事務所

http://www.goto-office.net/

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH