ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2014.02.25更新

今日は春でも来たのかな!?と思う天気でしたね。
名古屋でも風もなく穏やかな日でした。

先日、お休みの日に旭高原元気村にそりに行きました。
子供が喜ぶので、張り切っていきましたが。。。

途中の山道で雪道による立ち往生している車の列がずらり・・・。

少し進んでUターンです。
諦めました(笑)

ノーマルタイヤもいましたが、スタッドレスを履いていても登れないようでしたので。
四駆でないと無理だったかもしれません。

安全第一ですからね。

平成26年2月25日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.02.17更新

先週の土曜日に、合同会社等の会社登記関係の研修に行ってきました。
合同会社は通称「LLC」と呼び、有限責任事業組合「LLP」と比較されます。
何だかかっこいい通称名ですけどね(笑)

合同会社のメリットでよく言われるのが、登録免許税が6万円と安い点です。
定款認証も要りませんから、通常の株式会社等が約20万円実費でかかるので、結構重要なポイントです。

それ以外には何があるか。

例えば、子会社として設立させるケースもあります。
株式会社等に比べても、会社の意思決定は素早くでき、かつ、配当金も出資比率に関係なく決められますので。

米国法人の子会社は、いわゆる税金が、2重課税されないケースもあるので利用されているようです。法人税と構成員への分配の2重課税のことです。

有名な合同会社には、スーパーの西友や、消費者金融のCFJ等があります。

一般社団法人やNPOを含め、どの形態の法人が最適なのかは、ケースバイケースです。
中には、単純に株式会社にしない方がいいケースだってあります。
ようは、事業で使うハコの問題ですから。

ご参考までに。

平成26年2月17日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.02.14更新

最近電話である問い合わせがありました。

相談者の方「会社はどれくらいでできますか。」
私「最短で1日です。」
相談者の方「えっ!?」

会社の印鑑を手配したり、印鑑証明書を取得してもらったりと揃えてもらうものを準備して、委任状等に印鑑をもらえれば、1日で登記申請までやってしまうことは可能です。
他には、公証役場の予約を取って定款認証です。
ただ、これは空いている公証人にお願いをすれば、急な話でも何とかなります。

私は、ほぼ1日がかりのしごとになりますけどね(笑)

平成26年2月14日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.02.10更新

セレッソ大阪に「フォルラン」が来ます。

とはいっても、サッカーに興味がない人にはピンとこない話題でしょうが。
スポンサーはがんばりましたね。
ほんと。
久しぶりにJリーグが盛り上がります。

ところで、フォルランって、ベッカムのような知名度はありません。
実力は、ベッカム以上だと個人的には思いますが。
でもはポジションが違いますからね。

現役のトップレベルの選手ですから、結果を出せば、グーンと注目されるはずです。
そのうち、CMで目にすることでしょう。
顔もイケメンですよ。

グランパスにも奮起を期待します。
まだ西野監督一年目ですから、優しい目で見ないと可哀そうですけどね。
ピクシー政権が長かったんで。。。

平成26年2月10日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.02.08更新

株ってゲーム感覚。

別に株自体やゲーム感覚自体が悪いと言っているわけではありません。
どこにでもゲーム感覚ってあるものだよねって思うんです。

若い人を非難する言葉として「ゲーム感覚」って使われている文書をよく見ます。
でも、私もそうですけど、勝った負けたである種の快感を得ていることって結構あります。
どこまでをゲーム感覚と呼ぶかにもよりますけどね。

人間の本能として、ゲーム感覚を楽しいと思うものがあるんでしょうね。
高齢者の方がゲームセンターのメダルゲームをしている光景を最近よく見ます。

いつの時代でも、人って変わらないんじゃないかなって、何となく思います。
どうなんでしょうね。

平成26年2月8日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.02.05更新

会社設立の相談やご依頼の際に、よく聞く話です。

税理士さんと顧問契約はしないとそちらの事務所へは依頼できませんか。

当事務所は、そのような縛りはありません。
ご希望であれば、ご案内はしますが、そうでない限り、会社設立登記を行うだけで何ら問題ありません。

会社設立をインターネットで探すと、会計事務所や税理士事務所さんがヒットすると思います。
でも、正直、会社を作ること自体は、司法書士が適任だと思います。

会社を設立後は、税務署等に設立届出を出す必要はありますが、これは難しいことではないので、十分自分でもできますし。

会社設立を法律と登記上の正面からサポートするのが司法書士です。
ちなみに、行政書士さんでは、登記申請の代理や書面作成はできませんので、ここはご本人様がしなくてはいけません。

単純に会社を設立して、税理士さんの顧問契約は様子を見ながら検討したい。
そんな方は当事務所がぴったりだと思います。

手続きのことや費用のことなど、お気軽に何でもご相談下さい。

平成26年2月5日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.02.02更新

昨日は、愛知県司法書士会の無料相談会が各地で実施されました。
私も担当司法書士として、金山にある司法書士会館で面談相談を行いまいた。
電話による無料相談も同時に開催されています。
ただし、電話相談は一般論としてのお話に終始してしまうので、具体的な相談は面談をするべきだと思います。

相続の相談は、相続税や贈与税が絡むことも多く、お答えがしにくい部分もありました。
そこで、今回の相談会では、税理士さんも同席していただき、法律や登記の相談のみならず、税務相談も受けることが出来る形でした。
やっぱり、満足度は格段に違いますね。
相談者の方の笑顔を見ていると、そう感じました。

来年もこの形で行うかもしれません。
こうご期待を(笑)

平成26年2月2日

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

SEARCH