ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2014.10.29更新

今日は午前中、お客さんのところに株式会社の設立書類をもらいに行き、その足で公証役場へ行き、定款認証を済ませました。
設立登記の申請は明日でよかったので、とりあえず、この件はここで終了。

午後一番には、津地方裁判所四日市支部に競売物件の担保設定をする関係で、裁判所の嘱託登記を受け取りに行きました。そして、津地方法務局桑名市局へ登記申請を連件で出しました。

帰るころには、すっかり夕方です。
日が沈むのが早くなりましたね~。

お昼ごはんを食べる暇がなかったので、帰りに遅めの昼ご飯!?を食べました。
最後の登記申請を出すまでは安心できないので、お昼を返上してやってしまうことが多いんですよね。。。

今日は長い一日でした。
運転ばかりの日はやっぱり少し疲れます。。。

今日ばかりは、早めに仕事を切り上げるか!
ということで、今日はこれで失礼します(笑)

平成26年10月29日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.10.24更新

会社を作る理由も色々ですよね。

個人事業から法人の事業にする場合。
取引先から株式会社でないと取引できないと言われる場合。
脱サラで、信用を得るため、法人で事業を開始する場合。

大手企業の下請けとして会社を行う場合、株式会社という指定を受けることが多いようです。
どの業界においてもその傾向はあります。

中には、事業目的や発起人、役員の指定もしてくるところもあります。
事業目的もその取引先との事業しか定めてはいけないというケースもありました。
その取引先だけの為の会社にしてほしいようです。

ご参考までに。

平成26年10月24日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.10.20更新

今、なかなか厄介な相続手続きのご依頼を受けています。
何が厄介かと言いますと、兄弟が相続人となるケースで代襲相続が発生しています。
さらに、そのうちの何人かはさらに相続が発生し、相続人は10人を超えます。

戸籍って、読むだけでも難解で、時間がかかります。
昔の戸籍って、手書きなので、記載者の字の癖があり、読みにくいことが多いんです。
達筆なんでしょうが、現代人には、なかなか・・・。

やっと解読した相続関係に基づき、今度は10人以上いる相続人の方に印鑑をもらわなければいません。これまた想像以上に難しい作業です。。。

達成感はあるんですけどね。
こういうケースって。

平成26年10月20日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.10.14更新

登記申請の際に登録免許税がかかります。

でも、やりようによっては、少なくすることもできます。
例えば、根抵当権を設定している不動産を変更するとき、新規の設定登記と全部解除の抹消登記をしていたら、結構費用が掛かります。
ここを、追加設定登記と一部解除の抹消登記にすれば、登録免許税は劇的に安くなります。

登記って、仕組みを知っているとうまく利用できることも多いので、なにか手続きを考えるときは、司法書士に相談してみて下さい。
思わぬ方法を教えてくれるかもしれませんよ。

平成26年10月14日

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.10.07更新

会社の事業内容を「会社の目的」登記します。
原則的に、会社はこの目的の範囲内において活動ができることになっているのです。
ただし、今は会社の目的が広く解釈されているので、形骸化されていますが。。。

とはいっても、税務上、会社の経費として認めてもらうために、ある事業を会社の目的に記載することはよくあります。

普通に考えると、会社の登記簿を見て、その会社の事業を連想しますからね。
登記って、結構重要なんですよね。

会社の登記簿を見ると、司法書士等の専門家が入って内容を吟味しているのか、そうでないのか。
案外見ていると分かるものですよ。

平成26年10月7日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2014.10.01更新

今日は、法の日です。
ということで、愛知県司法書士会の無料相談会が各所で開催されています。

9月30日付中日新聞にもその内容が掲載されていました。

私も中村区役所に午後の担当として参加しています。

相談は、相続の登記がメインでした。
長年ほったらかしにしていたが、そろそろ何とかしなくてはと思い行動に移された方々が多かったです。
高齢の方ですと、インターネットで検索するわけでもないので、手続きや司法書士について知るすべがなく、こういった昔ながらの相談会は大切な場となっています。

13時から16時までの相談会でしたが、結局ほとんど相談を受けていました。
ちなみに、去年は西区役所の担当でした。

皆さんに喜んでもらえてよかったです。

平成26年10月1日

投稿者: ごとう司法書士事務所