ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2016.04.16更新

最近、上申書やら申述書やら特別な作業が必要になる登記申請が続いています。

こういうのって、重なるんですよね、不思議と。

 

登記の仕事ばかりしていると、達成感を感じる時って少ないんですよね。

短いサイクルの仕事が多く、数をこなしていく傾向が強い仕事なので、仕方ないんですけどね。

だから、結構いろいろと調べたり、事前に法務局に照会をしたりするような仕事は、やり終えた時に充足感があります。

 

でも、登記は、民法上の対抗要件としての位置づけですから、スピード感が求められることも多く、依頼から1ヶ月もかける仕事は少ないです。

成年後見の仕事は、その点、ご本人様の状況が変わらない限り、ずっと続くので、仕事がマンネリ化しなくて、よかったりします。

 

何事もバランスが大切ですね。

 

平成28年4月16日

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.04.05更新

年度末は忙しいですね。。。

何かと。

 

新入生や新社会人の姿を目にする毎日ですが、毎年毎年なんだか新鮮な気持ちになりますね。

不慣れな業務に悪戦苦闘する姿を見ていると、なんだか自分のころを思い出します。。。

自分もあんな風だったなぁと。

 

さて、最近やっている仕事は何だか手間がかかるものが多いんですよね。

登記業務なんですが。

 

閉鎖された登記簿の調査が必要だったり。

通常の添付書類以外の書類が必要だったり。

イレギュラーな仕事が続いています。

退屈しないんですが、結構時間を取られがちで妙に忙しくなっています。

 

登記って、きちんとすべきだなとつくづく思います。

今日も、間違った登記を直す必要がある案件に当たりました。

普通の人は、間違いかどうかなんて気づかないでしょうからね。

法務局だって申請上明らかでないものは指摘しません。

明らかな場合だって間違ってることもありますが。。。

 

平成28年4月5日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.04.05更新

年度末は忙しいですね。。。

何かと。

 

新入生や新社会人の姿を目にする毎日ですが、毎年毎年なんだか新鮮な気持ちになりますね。

不慣れな業務に悪戦苦闘する姿を見ていると、なんだか自分のころを思い出します。。。

自分もあんな風だったなぁと。

 

さて、最近やっている仕事は何だか手間がかかるものが多いんですよね。

登記業務なんですが。

 

閉鎖された登記簿の調査が必要だったり。

通常の添付書類以外の書類が必要だったり。

イレギュラーな仕事が続いています。

退屈しないんですが、結構時間を取られがちで妙に忙しくなっています。

 

登記って、きちんとすべきだなとつくづく思います。

今日も、間違った登記を直す必要がある案件に当たりました。

普通の人は、間違いかどうかなんて気づかないでしょうからね。

法務局だって申請上明らかでないものは指摘しません。

明らかな場合だって間違ってることもありますが。。。

 

平成28年4月5日

投稿者: ごとう司法書士事務所