ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2016.08.17更新

保険会社への相続手続きで必要と亡くなった方の診断書の発行を受けるために、ある病院に行きました。

大きな病院だったので、ある程度待つ覚悟をしていきましたが、証明書の発行だけだったので、思ったより短い時間で済みました。

それでもお盆明けなので、混んでいました。

 

待ち時間にまわりを何となく見ていると、お年寄りが一人で待っていたり、付き添いの人と一緒に待っていたり。

子どもの病気でしょうか。親子で仲良く待っていました。

 

時々思うんですよね。

高齢の方って、何で、あんなに穏やかそうに日々を過ごせるのかなって。

仕事柄、自分の親ぐらいの年齢の方と話す機会が多いんですが、落ち着いていて、何かを達観しているかのような方がいます。

育った時代の違いなのか。。。

年をとると、丸くなるとか、いろいろいいますが、いまいちピンとこないでいました。

 

今の自分との違いはなんだろうって考えると、一番大きいのは何かに追われていない点かもしれません。

現役で働いている人は、多かれ少なかれ何かに追われて頑張っていると思います。

支払い期限や納期、お客さんからの催促など、今の仕事は何かとスピート感が要求されます。

誰でも、自分が責められると思えば、自己防衛で誰かを責めたり、怒ったりしてしまいます。

 

子どもの頃は、無邪気に親の保護のもと過ごし、歳を重ねると、最後は、子が親の面倒を見ながら穏やかに最期を迎えられるんですかね。

そうだとすれば、人の一生ってうまくできていますね。

 

平成28年8月17日

 

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.08.10更新

不動産(土地や建物)の賃借権設定の登記

あまり知られていませんが、そういう登記もあります。

 

先日も、登記申請を行いました。

頻繁にある登記ではないので、調べるにも文献や参考図書が少ないんですよね。。。

法務局の人も同じこと言っていました(笑)

実体法上(民法、借地借家法)の解釈で、不動産登記法を紐解いていくしかなく、苦労する場面もあります。

法務局と打ち合わせをしながら進める必要もあります。

 

参考すべきものがない時って、自分の頭でしっかりと考えるしかなく、それはそれで楽しかったりもします。

自分の基礎知識の確認もできますし。

いつもいつもそういうものばかりでは、疲れてしまいますが(笑)

 

平成28年8月10日

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.08.01更新

区役所や市役所で、相続関係の戸籍や住民票、売買や贈与の関係で評価証明書等をとることがあります。

通常は、郵送で請求して取得することが多いんですが、急ぎで欲しい場合は、窓口まで行って取得します。

 

先日も、名古屋市近郊の役所まで行ってきました。

 

窓口の対等って結構役所によって違うものです。

いろいろと回っている経験があるからこそ、いろいろと目につきます。

ゆるいところと厳しいところと。

 

基本的には提供する情報や書面は、必要最低限度しか出しません。

場合によっては、もらえるものは全部もらう感じの担当者もいますので(笑)

資格者か事務員かでも対応が微妙に違う時もありますし。。。

 

この作業も慣れていないと、めんどくさいし、ストレスの感じる作業だろうなぁと思います。

今回は、スムーズに行って良かったです!

 

平成28年8月1日

投稿者: ごとう司法書士事務所