ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2016.05.03更新

先日、建物をやっている不動産屋さんと話をする機会がありました。

最近は、なかなか建物が売れないと言っていました。

二極化が顕著だそうです。

 

資金に余裕がある人たちは、ハウスメーカーに行く方が多く、その逆の人はいわゆるパワービルダーの建てる比較的安く新築が手に入る建売住宅に行くそうです。

地元の業者さんは淘汰される状況みたいでした。

もちろん、大手ではなくても、元気にやっている不動産屋さんもいます。

私の知っている会社さんでもそういう会社はあります。

 

お客さんのニーズやトレンドを考えずに、何となく建てれば売れる時代ではないということなんでしょうね。

セブンイレブンではないですが、徹底した顧客ニーズにフォーカスした経営でなければ、ダメということですね。

でも、これって、簡単にできないんですよね。

しかも、徹底するとなると、なかなか・・・中途半端になりがちです。

 

でも、お客さんって、すぐ見透かすんですね。

本物かどうかって。

対岸の火事ではないので、私自身も考えることが多いなと思いました。

 

商売が難しい時代ですね。

その分チャンスもありますが。

 

平成28年5月3日

投稿者: ごとう司法書士事務所