ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2017.09.22更新

遺言書を作成する理由は、様々でしょうけど、いざ自分が作成するとなると。。。

何だか、書いた時点で人生の終わりが見えてしまうような。。。

実際は、簡単ではないですよね。

 

とはいっても、残された相続人に火種を残す可能性があるのも事実。

ここは親としてガツンと決めておきたいものです。

 

よく言います、親御さんが元気なうちは、兄弟間の仲は保たれていますが、いざ親がいなくなるとその均衡が保たれなくなる。

抑えが利かなくなるでしょうか。

親の存在感って偉大ですね。

 

でもよく考えると、仕方ない部分もありそうです。

親の相続をする頃と言えば、立派な社会人。

結婚して子供もいたりします。

社会的な地位をを築いている方も多いでしょう。

でも親としては、いつまでも子供のころの印象が残っているから、いくつになっても子供は子供です。

 

遺言を書くときは、誰かに話す必要はありません。

家族に内緒にしたって問題ありません。

むしろその方が健全かもしれません。

でも書くときは、専門家に相談した方がよいと思いますが。

後から無効です。なんて言われたらシャレにならないので。

 

過去にそういう方がいました。

病院のベットの引き出しから遺言書らしきものが。。。

メモ用紙に書かれていましたが、残念ながら日付も印鑑もないんです。

この遺言は無効です。

この場合、遺言書の全文を自筆で書き、日付と署名捺印が必要です。

 

結構質問があります。

不動産は㎡や地目が書いてないと無効ですかとか。

預金口座の番号がわかりませんがとか。

不動産は、一般的には土地であれば、所在と地番、建物は所在と家屋番号で特定されます。

預金も意味が通じれば必ずしも口座番号入りません。

 

特に高齢の方が遺言書を作成する場合、注意が必要です。

複雑な内容にしても、本当に本人の意思で書かれたものか争いになる可能性があるからです。

だから、一般的にはこういう場合はできるだけシンプルな方がよいでしょう。

「全財産を妻○○○○に相続させる」とか

「不動産を妻○○○○に、預金などその他すべてを子○○○○に相続させる」とか

 

遺言書の作成だって、本来、その人に合ったカスタマイズされたものですべきものです。

 

私の身近でも遺言書を作成する方が増えてきました。

外国ではもっとポピュラーでしょうが、日本でも普通に財産を築いた人は当たり前に用意する時代も近いかもしれませんね。

ご参考までに。

 

平成29年9月22日

 

 

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所