ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2018.08.31更新

土地や建物などの不動産を売却するとき、買取業者に買ってもらうか、個人の一般の人に買ってもらうか。

どちらがよいのでしょうか。

個人的には一概には言えない気がします。

 

通常の戸建て用地等であれば、個人の一般の人に買ってもらう方が価格は高くなることが多いです。

どうしても、買取業者になると買取して、条件を整えて再度販売をすることもあり、利益を土地の仕入れで確保することがあるからです。

逆に、マンション1棟などの収益物件の場合、個人では購入金額に限界があることも多く、価格の面でも買取業者の方が高くなることが多いです。

不動産仲介業者に依頼をするときは、その辺りを的確に教えてくれるところに依頼をすべきでしょう。

 

その他にも不動産売買には他にも気をつけるべきポイントがあります。

例えば、不動産の瑕疵や欠陥のトラブルです。

一般の方に買ってもらうのと、プロの業者に買ってもらうのとではここにも違いがあります。

プロの業者は、不動産取引に長けています。だから、通常瑕疵になりそうなポイントを的確に情報収集し、購入を決定します。

だから、事実上あとからトラブルが起こりにくい面があります。何か起きても想定の範囲内になることも多いです。

ただし、地中埋設物(ゴミなど)はさすがに読めないところもありますが。。。

これが一般の人であれば、あれやこれやと、物件の引き渡しを受けた後、不具合があるとか、欠陥品だとかトラブルになることがあります。

物件の内覧や現地の下見も十分したはずなのに。。。

「素人だからそんなこと知らない。」こういうことが起こりえるのです。

 

法律上の主張として認められるかは別としても、そのようなトラブルになるのはストレスになります。

そうなれば、せっかく売主と買主にとってめでたい不動産取引が、後味の悪く残念なものになってしまいます。

 

昨今は、不動産の仲介を行う会社は増えています。

まったくの他業種からの参入も多いです。

建築や法律関係の仕事からの参入であれば、関連性も高く、本業の専門性も生かせますが、そうでない場合は一からの経験です。

ただし、不動産取引の仲介は、買主を見つけることや物件を見つけることがメインの仕事ではないと思います。

特にインターネット社会の今では、情報自体はそれほど意味をなしません。

法的な情報を含む、様々な情報を組み合わせて、その人に合うアドバイスをすべきなのです。

今日明日ですぐにできることではありません。

 

不動産取引は、昨今、権利意識の高まりや経済の貧困格差の拡大もあり、いろいろな主張がなされ、トラブルも起こっています。

そんな時、結論を把握することはとても大切です。

日本では紛争解決を強制的に行う場合、裁判です。

つまり、結局、裁判になったらどの主張が認められるのか。

頭の中では法律上の主張として認められるかを見定めながら、相手方との交渉や話を進めるべきだと思っています。

往々にして、トラブルが進んでしまってから弁護士や司法書士等の専門家に相談に相談に行くケースが多いと思いますが、そういうケースの多くはすでに手遅れなことが多いです。

私も法律相談を受けていてそのような話をよく耳にします。

つまり、初動対応が重要なのです。

トラブル初期の段階で判断を誤れば、軽いもので済むところ、重症化して裁判になってしまいます。

 

自己責任の時代ですから、自分の身をどのように守るか。

そんなことを真剣に考えるべき時代だと思います。

 

平成30年8月31日

 

 

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2018.02.23更新

最近は、コンビニでもそこそこおいしいコーヒーを飲めます。

しかも安く。

 

事務所でコーヒーを飲むときは、自分でドリップして飲むようにしています。

別にコーヒー豆にこだわりがあるとかそういうことではないですよ(笑)

コーヒーは全く詳しくありません。

素人です(笑)

 

根詰めてパソコンで作業をしているときに、少しほっとしたいんですよね。

コンビニやスタバに行けば、おいしいコーヒーが簡単に手に入るかもしれません。

でも、コーヒーができる工程を一つ一つ自分ですると少し落ち着くという感じでしょうか。

うまく言えませんが。

 

お湯を注ぎ、立ち上る香りを楽しんで、少し待った後に、さらに注ぐ。

無心でそんな作業をしていると、一息つけるんですよね。

きっと。

無心になる時間って大切です。

だから機械も使いません。

そういう目的ではないので。

ちなみに車の運転をしていても同じです。

ラジオや音楽をあまりつけません。

車の運転は、考え事や無心になる時間に最適だからです。

 

何でも便利な世の中ですが、アナログな感じを楽しむのは大切な時間です。

趣味の世界で多いと思いますが。例えば、クラシックカーにあえて乗る人達とか。

今は不便さにお金をかけることだってあります。

農業体験とか。

 

最近のIoTとかAIとかの話を聞いていると、人の考えることや行動は同じなんだなとあらためて思います。

これからは、人の行動がデータ化されて、AIによって把握されてしまいます。

良し悪しはあるとして、この流れは止まらないでしょう。

司法書士という仕事に限らず、あらゆる仕事は、この問題と真正面から向き合わなければ、10年先はどうなっていることやら。

自分の子供に、何を伝えるべきなんでしょうかね。

最近の子供は、習い事が多いようです。

水泳、英語、ピアノ、サッカー、公文などなど。

何が必要で何が不要なのか。

親が楽しているだけではないのか。

 

AIを使う側の人間にならなければ、仕事はなくなると言われます。

そう考えると、確かにこれから向かうべき方向が少し見える気もします。

いろんな分野でこの流れがあることに気づくと、何だか愕然とします。

自分の知らなかったことが多く、何だか取り残されたような気がして。。。

高度で複雑化した現代で起こる出来事を、人の頭だけで解読することは難しいんでしょう。

今は何か起きても原因がわかりにくいです。

いじめだって、株価の変動だって同じです。

昔のような単純な社会ではなくなっています。

 

確か、10年以上前にコンピュータが人の頭(人知)を超えたと聞きました。

既にコンピュータがやることを人は予測できないそうです。

私たちはAIがもたらす結果だけを享受する世界がまっているのでしょうかね。

 

森を見ながら木を見るようにしないと、進むべき方向性を間違えますね。

 

平成30年2月23日

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2017.12.30更新

今年も一年ありがとうございました。

 

不動産の売買、離婚財産分与、相続手続き、破産、会社設立、各種会社登記、遺言書作成など今年も様々な案件のご依頼を頂きました。

どれも同じ案件はありませんでしたが、無事すべて完了できたことにひと安心しています。

 

最近は、困難事例と言いますか、一筋縄ではいかない案件のご相談もいただきます。

どれもマニュアルや少し調べてぐらいではなかなか対応できず、事務所にご相談に来られます。

 

問題の解決は、法律を当てはめるだけではできないことも多いと思います。

人には感情もありますし、また法律と一般の感覚との乖離もあります。

裁判所のように事実に法律を当てはめてジャッジをするだけでは、問題の解決はできないことも多く、むしろそういった案件でこそ専門家の重要性がでてきます。

 

例えば、相続。

遺産分割でのトラブルにしても、相続税をある程度前提にしないといけないことも多いと思います。

また、相続による不動産の名義変更がある場合、どの人の何の書面が必要なのか。

そういった、各種手続きもわかっていないと、きちんとしたアドバイスはできません。

もう一回、その人に書面がもらえる保証はありませんから。

裁判をすれば勝てるというかもしれませんが、どうでしょう。

多くは、それに要する費用や時間を考えれば、現実的ではないのではないでしょうか。

裁判はあくまで最後の手段です。

裁判というゴールを見据えた、解決への組み立てが必要なのです。

 

これだけ高度に複雑化した現代では、ひとつの専門分野だけでは解決しない問題が多くなりました。

そういった意味で、司法書士だって、法律や登記だけにとどまらず、税金や社会保険、ファイナスの知識は不可欠だと感じています。

今後は、どの司法書士に依頼するかで結果が違うことが多くなるのではないでしょうか。

依頼者の方の求めるレベルも上がっていますから。

 

私自身、来年もそういったアンテナを張りつつ、自分に足りないものを身につけながら精進していきたいです。

 

平成29年12月30日

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2017.08.11更新

事務所のお盆休みは、次のとおりです。

なお、ご相談の予約は、お盆休みに限らず、いつでも当ホームページから24時間申し込むことが可能です。

よろしくお願い致します。

【お盆休み】

8月11日(金)~8月15日(火)

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2017.05.02更新

相続対策で義理の父母の養子になるケースが増えていると思います。

相続人を増やして相続税控除額を増やすとか。

 

でも、あくまで相続対策なので、良くも悪くもそれ以上の気持ちはないんですよね。

そうなると、義理の父母とうまく関係が保てていればいいんですが、途中で、認知症、介護などなどいろいろなことが起こります。

その過程では、結構生々しいやりとりがあるでしょう。

そうなると、養子は、子として財産は相続するが、養子縁組自体は望まないこともあります。

 

養親が亡くなった後に、離縁をすることを死後離縁と言って、手続きとしてあります。

この場合、離縁したからと言って、相続財産も没収されるわけではありません。相続は相続として成立します。

また上記手続きは、家庭裁判所に申し立てを行うので、最終的に離縁を認めるか否かは裁判官がジャッジします。

だから、明らかな不条理な理由や不純な理由で申し立てをしてもなかなか認められない可能性が高いでしょう。

 

旧姓に戻りたいとか、親族の扶養義務を免れたいとかいろいろ理由はあるでしょうが、社会一般常識で考えて「それは・・・」と思う理由では難しいでしょうね。ただし、やり方や問題の解決方法は、いろいろありますから、一度専門家に相談された方が良いと思います。

 

本やインターネットの情報ではわからない実務の生の情報が一番役立つし、実践的です。

あらゆることに言えるでしょうけど。

間違ったり、損をしないように気をつけましょう。

 

平成29年5月2日

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.11.16更新

一般社団法人の設立はそれほど件数が、全国的に統計の数は上がっていませんが、当事務所でも定期的にご相談や設立登記のご依頼があります。

 

一般社団法人は、基本的に営利を目的としないので、法人の事業目的が通常の会社とは大きく異る内容になります。

ちなみに、ここで言う「営利」とは、会社言うところの株主に配当金等の利益を渡さない事を意味します。

やりようによっては、上記の限りではありませんが、基本的な考え方はこのとおりです。

 

何らかの社会貢献を目的にすることが多く、理事の報酬も無償を定めることも少なくありません。

では、単なるボランティア目的なのか。

いやいやそういうものばかりでもないんです。

仕組みを知ると、活用方法は多様であることに気づきます。

 

詳細は、また別の機会でがあれば、ご紹介致します。

 

平成28年11月16日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.08.17更新

保険会社への相続手続きで必要と亡くなった方の診断書の発行を受けるために、ある病院に行きました。

大きな病院だったので、ある程度待つ覚悟をしていきましたが、証明書の発行だけだったので、思ったより短い時間で済みました。

それでもお盆明けなので、混んでいました。

 

待ち時間にまわりを何となく見ていると、お年寄りが一人で待っていたり、付き添いの人と一緒に待っていたり。

子どもの病気でしょうか。親子で仲良く待っていました。

 

時々思うんですよね。

高齢の方って、何で、あんなに穏やかそうに日々を過ごせるのかなって。

仕事柄、自分の親ぐらいの年齢の方と話す機会が多いんですが、落ち着いていて、何かを達観しているかのような方がいます。

育った時代の違いなのか。。。

年をとると、丸くなるとか、いろいろいいますが、いまいちピンとこないでいました。

 

今の自分との違いはなんだろうって考えると、一番大きいのは何かに追われていない点かもしれません。

現役で働いている人は、多かれ少なかれ何かに追われて頑張っていると思います。

支払い期限や納期、お客さんからの催促など、今の仕事は何かとスピート感が要求されます。

誰でも、自分が責められると思えば、自己防衛で誰かを責めたり、怒ったりしてしまいます。

 

子どもの頃は、無邪気に親の保護のもと過ごし、歳を重ねると、最後は、子が親の面倒を見ながら穏やかに最期を迎えられるんですかね。

そうだとすれば、人の一生ってうまくできていますね。

 

平成28年8月17日

 

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.08.01更新

区役所や市役所で、相続関係の戸籍や住民票、売買や贈与の関係で評価証明書等をとることがあります。

通常は、郵送で請求して取得することが多いんですが、急ぎで欲しい場合は、窓口まで行って取得します。

 

先日も、名古屋市近郊の役所まで行ってきました。

 

窓口の対等って結構役所によって違うものです。

いろいろと回っている経験があるからこそ、いろいろと目につきます。

ゆるいところと厳しいところと。

 

基本的には提供する情報や書面は、必要最低限度しか出しません。

場合によっては、もらえるものは全部もらう感じの担当者もいますので(笑)

資格者か事務員かでも対応が微妙に違う時もありますし。。。

 

この作業も慣れていないと、めんどくさいし、ストレスの感じる作業だろうなぁと思います。

今回は、スムーズに行って良かったです!

 

平成28年8月1日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.07.06更新

司法書士をしていると、様々な相談を受けます。

土地建物の売買、贈与などのと不動産登記手続きや会社の設立や役員変更などの会社登記手続きをはじめ、遺言、遺産分割などの相続手続き、

破産などの債務整理手続きや成年後見手続きなど

 

恵まれた環境で生きてきた方もいれば、誰もが同情してしまう不幸な環境で生きてきた方もいました。

仕事と通して、いろいろと勉強させてもらった部分もあります。

 

年上の方と話す機会が多く、自然とでしょうか。

老けたしゃべり方をすると言われることもあります(笑)

 

もし、相談に来ることがあったら、私の話し方に注目してみてくださいね(笑)

 

平成28年7月6日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.06.18更新

会社をなくすのも、口で言うほど簡単ではありません。

基本的には、会社の財産と借金を清算しなくてはいけません。

プラスの財産の方は、問題ないでしょうが、借金は清算できなければ、破産とかを利用するしかありません。

 

会社は、一度始めると、毎年確定申告をして、利益がゼロでもいくらか法人税を納める必要がありますし、やめるのも手間がかかります。

余力がなく、ぎりぎりまで頑張ってやめたいとなると、時間もお金もなく、とても厳しい状況になってしまいます。

 

休眠していた会社を、何かのきっかけで清算して消滅させたいというご依頼は、定期的にあります。

この場合は、事実上借金が問題ならないケースも多く、無事、清算できる内容が多いです。

 

ご参考までに。

 

平成28年6月18日

投稿者: ごとう司法書士事務所

前へ