ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2016.06.18更新

会社をなくすのも、口で言うほど簡単ではありません。

基本的には、会社の財産と借金を清算しなくてはいけません。

プラスの財産の方は、問題ないでしょうが、借金は清算できなければ、破産とかを利用するしかありません。

 

会社は、一度始めると、毎年確定申告をして、利益がゼロでもいくらか法人税を納める必要がありますし、やめるのも手間がかかります。

余力がなく、ぎりぎりまで頑張ってやめたいとなると、時間もお金もなく、とても厳しい状況になってしまいます。

 

休眠していた会社を、何かのきっかけで清算して消滅させたいというご依頼は、定期的にあります。

この場合は、事実上借金が問題ならないケースも多く、無事、清算できる内容が多いです。

 

ご参考までに。

 

平成28年6月18日

投稿者: ごとう司法書士事務所

2016.06.04更新

最近はなかなかブログが更新できず、イカン、イカンと思っていました。

急な仕事が多くて、なかなか気持ちの余裕が持てませんでした。。。

 

不動産の決済の話があったり、相続の話があったり。。。

例えば、不動産の売買決済って、準備が重要なんですよね。

 

売買代金で住宅ローンを完済するような場合、買主の方への所有権移転の名義変更以外にも、抵当権抹消登記も行います。

また、登記上から、住所や氏名が変更になっている場合には、それぞれ変更の登記も必要です。

不動産の決済って、買主の方への所有権移転や融資の抵当権設定に注目しがちですが、司法書士的には、上記の住所氏名変更の登記や抵当権抹消登記の方に細心の注意をするものなんですよね。

結構ここに落とし穴があったりしますから。

 

とはいえ、この抵当権抹消と抵当権設定の両方の銀行に事前に行って、書類の確認をしなくてはいけないので結構バタバタします。

決済の前日の夕方にやっと、書類確認ができるなんてこともザラです。

司法書士としては、徹夜をしてでも、次の日の決済に間に合うように書類の作成等をしなくてはいけません。

 

だから、決済で焦っているのは、基本的に司法書士だけなんです(笑)

 

平成28年6月4日

 

投稿者: ごとう司法書士事務所