ごとう司法書士事務所オフィシャルブログ

2018.08.31更新

土地や建物などの不動産を売却するとき、買取業者に買ってもらうか、個人の一般の人に買ってもらうか。

どちらがよいのでしょうか。

個人的には一概には言えない気がします。

 

通常の戸建て用地等であれば、個人の一般の人に買ってもらう方が価格は高くなることが多いです。

どうしても、買取業者になると買取して、条件を整えて再度販売をすることもあり、利益を土地の仕入れで確保することがあるからです。

逆に、マンション1棟などの収益物件の場合、個人では購入金額に限界があることも多く、価格の面でも買取業者の方が高くなることが多いです。

不動産仲介業者に依頼をするときは、その辺りを的確に教えてくれるところに依頼をすべきでしょう。

 

その他にも不動産売買には他にも気をつけるべきポイントがあります。

例えば、不動産の瑕疵や欠陥のトラブルです。

一般の方に買ってもらうのと、プロの業者に買ってもらうのとではここにも違いがあります。

プロの業者は、不動産取引に長けています。だから、通常瑕疵になりそうなポイントを的確に情報収集し、購入を決定します。

だから、事実上あとからトラブルが起こりにくい面があります。何か起きても想定の範囲内になることも多いです。

ただし、地中埋設物(ゴミなど)はさすがに読めないところもありますが。。。

これが一般の人であれば、あれやこれやと、物件の引き渡しを受けた後、不具合があるとか、欠陥品だとかトラブルになることがあります。

物件の内覧や現地の下見も十分したはずなのに。。。

「素人だからそんなこと知らない。」こういうことが起こりえるのです。

 

法律上の主張として認められるかは別としても、そのようなトラブルになるのはストレスになります。

そうなれば、せっかく売主と買主にとってめでたい不動産取引が、後味の悪く残念なものになってしまいます。

 

昨今は、不動産の仲介を行う会社は増えています。

まったくの他業種からの参入も多いです。

建築や法律関係の仕事からの参入であれば、関連性も高く、本業の専門性も生かせますが、そうでない場合は一からの経験です。

ただし、不動産取引の仲介は、買主を見つけることや物件を見つけることがメインの仕事ではないと思います。

特にインターネット社会の今では、情報自体はそれほど意味をなしません。

法的な情報を含む、様々な情報を組み合わせて、その人に合うアドバイスをすべきなのです。

今日明日ですぐにできることではありません。

 

不動産取引は、昨今、権利意識の高まりや経済の貧困格差の拡大もあり、いろいろな主張がなされ、トラブルも起こっています。

そんな時、結論を把握することはとても大切です。

日本では紛争解決を強制的に行う場合、裁判です。

つまり、結局、裁判になったらどの主張が認められるのか。

頭の中では法律上の主張として認められるかを見定めながら、相手方との交渉や話を進めるべきだと思っています。

往々にして、トラブルが進んでしまってから弁護士や司法書士等の専門家に相談に相談に行くケースが多いと思いますが、そういうケースの多くはすでに手遅れなことが多いです。

私も法律相談を受けていてそのような話をよく耳にします。

つまり、初動対応が重要なのです。

トラブル初期の段階で判断を誤れば、軽いもので済むところ、重症化して裁判になってしまいます。

 

自己責任の時代ですから、自分の身をどのように守るか。

そんなことを真剣に考えるべき時代だと思います。

 

平成30年8月31日

 

 

 

 

投稿者: ごとう司法書士事務所