sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

司法書士として

「 ひとつ上の安心を 」

 私は、自分の事務所が大きな事務所になることを目指していません。当事務所の特徴は、「依頼者の方と真摯に向き合うこと」だと思っています。大きな事務所になってしまうと、なかなかこの考え方を実践することはできません。コミュニケーションを大切にして、お客様一人ひとりと向き合いたいと思っています。信頼関係を構築しながら、お客様の要望に沿った、その人その人に合ったアドバイスや手続きをを提案していきたいと考えています。このやり方は、口で言うことは簡単ですが、実際はなかなか難しいものです。事務所によってはシステム化されたサービスを提供しているかもしれません。このような画一的なサービスは大きな事務所には必要なシステムですが、一人ひとりの依頼者の方の対応には限界があります。これまでの自分の経験からそう考えるようになりました。誰に依頼をするかで、きっとお客様の満足度は違ってくるはずです。当事務所は、あえてこの部分にこだわっていきたいと思っています。

「原点」

私は、開業したばかりの頃、いろいろな無料相談会に相談員としてよく参加していました(今でも機会があればやっていますが)。電話相談、面談相談などです。仕事がそれほどなかった分、時間は山のようにありましたので(笑)チャンスがあれば、無料で相談を受けていました。今から思うと自分も勉強させてもらっていました。無料相談は今も昔もいろいろな人が訪れます。借金で自殺しそうな人、1億円以上の遺産の相続問題で悩んでいる人、離婚で精神的に不安定な人、生活保護を受けながら破産をしたい人、一代で会社を立ち上げて息子に継がせたい社長などなど。相談内容もいろいろでした。中には他の司法書士や別の士業の不満をおっしゃられることもありました。こうして次第に、こういう時はこんな展開に持っていく方がいいなとか、話を聞きながら同時に頭のどこかで考えられるようになりました。そうやって相談者の本当の解決について試行錯誤しながら、悪戦苦闘の毎日が続きました。そんな中、ある方から依頼された業務が終わった後にこう言われました。「今回は○○をお願いしたけど、実は○○と迷っていたんだよね。こっちにすればよかったかなぁ」
これを聞いて正直、はっとしました。自分はきちんと話を聞けていたのかなと。これがある意味、今の私の原点です。

「司法書士はみんな同じ!?」

司法書士に限らず、いわゆる「○○士」と呼ばれる士業の人へ仕事を依頼する際、誰かに紹介してもらうことがあります。「司法書士」も同じです。なぜ紹介がいいのか。それはまさに「司法書士」によって提供されるサービスに差があるからではないでしょうか。その司法書士の「知識」「スキル」「経験」「人間性」「人格」などによって、実は提供されるサービスが全く違うのです。

当然、資格者である以上、最低限の仕事は司法書士なら誰でもできます。でも、それ以上の「サービス」は誰でも同じではないのです。ここでいう「サービス」とは、言われた内容を漫然とこなすものではなく、最低限の仕事にプラスαされる顧客満足度を上げたり、本当の意味での問題解決を図るためのサービスです。例えば、依頼者との接し方ひとつでも司法書士によりまったく異なります。物腰が柔らかい人、高圧的な話し方の人、よくしゃべる人、言葉数が少ない人。これはその司法書士のポリシーや「人間性」「人格」が現れるところです。他にも、自分の経歴や幅広い業務に精通しているからこそ、提供できる選択肢が増える場合もあります。趣味や大学の専攻は何か、社会人経験があるのか、個人の顧客の相談を多く受けてきたのか、会社の相談を多く受けてきたのか。「知識」「スキル」「経験」からその人のバックポーンまでの部分です。今一度、司法書士に何を望むのか考えてみて下さい。

個人的には、前者の「接し方」はとても大切だと思っています。相談をお聞きする際、相談者の方がいかに心を開いて話してくれるのか。依頼者の本当の気持ちをいかに引き出すか、これによって解決の選択肢や解決スピードは格段に違います。そこを無視して、ただ何となくヒアリングをして、質問に対しても機械的に回答し、漫然と手続きをしても本当の解決にはならないことがあります。何か気持ちが悪い部分が残るものです。これは本当の満足が得られていないからではないでしょうか。胸に手を当てて考えてみましょう。それって、本当に望んでいた依頼だったのでしょうか。

私は依頼者の方が本当に抱えているストレスを解消することこそ本来の仕事(最終目的)ではないのかと考えています。手続きの処理はその解消手段の一部分です。表面上の手続きだけして、目的を達成すれば、解消される部分もありますが、抱えたストレスを誰かに話し、理解してもらうことで満足できる部分だってあります。また、そういった蛇足とも思える会話の中にこそ、依頼者の方自身も気づかない本当の問題があるのかもしれない。そこまで掘り下げてあげることが大切なのではないのか。掘り下げることができれば、結果、問題の根本的な解決になる。そういった、浮かび上がったひとつひとつの問題に対し、法律の交通整理をして、その人に合った適切な解決策をカスタマイズしてあげることこそが、私の目指すべきサービスです。場合によっては、教科書通りの解決策ではないことだってあってもいいのではないでしょうか。結果、損をしたり我慢をしなくてはいけなくても、それを望む方もいます。例えば、相続における遺産の分割協議の場面です。経済的な損得より人としてどうありたいのか、そういうものを優先したっていいはずです。それぞれの人生観や価値観がありますから。

通常、司法書士に何度も依頼する機会は少ないと思います。だから、実際のところ、他の司法書士の仕事をいろいろと比べることは難しいですよね。ですから、最初から自分に合った満足のいく司法書士を選ぶようにして下さい。後から比較はなかなかできません。司法書士の業務は広いので、その後も法律や手続きでお困りの際には何かきっとお役に立てる機会があるはずです。信頼できる司法書士とはその後も長く付き合えると思います。皆さんも是非そういった司法書士を探してみて下さい。司法書士の仕事は、問題が解決したら終わりではありません。その後も良き相談相手になれるのです。

 「最後に」

当事務所では、他の事務所などでは解決できなかった、もしくは満足がいかなかった、そういう方のご相談でも大歓迎です。実際、当事務所で解決に至るケースもございます。

まずはお話を聞かせて下さい。
いつでもお待ちしております。

こだわり

お客様との信頼関係とコミュニケーションを大切にしています。

より良い仕事をして、よりお客様に満足して頂くためには、信頼関係が欠かせません。ただ依頼された業務を言われたとおりこなすのではなく、しっかりとお話を聞いた上で、こちらからもベストな解決案を提案をし、一緒に答えを見つけていければと考えています。

もし、満足いく提案がなければ、無料の相談で終わって頂いて構いません。
ご納得していただいた上で、業務に着手しますので、ご安心下さい。

柔軟に対応します。

柔軟に対応します。

法律に関する業務は、定形のフォーマットがあるようで、実は個別案件に対応しなければ目的を達成することはできません。当事務所は、細やかな対応で一人ひとりのお客さんの要望を叶えます。

時間外、お急ぎの案件もお気軽に。

時間外、お急ぎの案件もお気軽に。

急に書類が必要になることや、急ぎで処理しなければならないこともあるかと思います。ご相談頂ければ、時間外やお急ぎの案件にも対応いたします。

ご相談は、何度でも無料。

ご相談は、何度でも無料。

まずは会って話を聞いてみたい。何を相談していいのかも分からない。そんな方のために、当事務所ではご相談は何度でも無料で承っています。

専門知識を活用し、より質の高いサービスを提供。

専門知識を活用し、より質の高いサービスを提供。

銀行での勤務経験を活かして、会社法務、会社登記及び債務整理などのご相談を行います。また、現在は宅地建物取引士として不動産売買仲介等の不動産取引も行っていますので、不動産取引の実態に則した、適切できめ細かなサービスを提供しています。

会社設立

会社設立

会社を始めたいが、何をしていいのか分からない。そんな方は、お気軽にご相談ください。

相続

相続

相続に関する法的な取りまとめや書類作成を、一括してお任せ頂けます。

任意財産管理業務

任意財産管理業務

凍結された口座の預金や株式、不動産など、相続財産を適切に管理し、最後まで相続を完了させます。

債務整理

債務整理

借金問題でお困りの方、督促や膨らむ利息を止めたい方は、お早めにご相談頂ければと思います。

時効の援用

会社・法人登記

会社・法人に関係する役員変更などの各種登記をお受けしております。

成年後見

成年後見

財産を、本人のために適切に使用するための制度です。将来のために備えておきたい方にもお勧めです。

不動産登記

不動産登記

不動産登記は、スピーディに確実に行うことが重要です。不動産を取得されるご予定のある方は、早めに準備するようにしましょう。

不動産売却

不動産売却

当事務所は、不動産事業を行う会社も併設しており、法律も不動産業界も理解している専門家に、全てお任せ頂けます。

yoyaku