不動産登記

不動産の登記をされる方へ

  • 不動産取引を滞りなく済ませたい。
  • 確実に登記を完了させたい。
  • ちゃんと自分が所有者であることを示したい。
  • 不動産に関するトラブルを防ぎたい。

不動産は、持ち運びができないため誰が所有者であるかどうかを判断するのが難しいことがあります。そこで有効な証拠となるのが登記です。不動産の登記は必ずしなければならないものではありませんが、登記している人がいれば、その人が所有者であるとみなされます。

不動産の名義変更は自宅購入、親からの贈与、相続、交換、売買、離婚に伴う夫婦間の財産の清算などで発生します。

不動産の購入や相続などをすることになった場合は、すみやかに登記を済ませるようにしましょう。

司法書士に依頼するメリット

不動産登記は、所有権を明示するための非常に重要な手続きです。万が一、不備があったり遅れが出たりしてしまっては、取り返しがつかないことになる場合もあります。当事務所は、不動産業務に精通している司法書士が、スピーディかつ確実に不動産登記を進めていきます。

登記は早いもの勝ち!?

不動産の登記は、「早いもの勝ち」です。もしある人が同じ日に2人に対してそれぞれ「あなたに売ります」と言った場合、先に登記をした方が所有権を主張できることになります。いわゆる二重売買です。こういったことを防ぐためには、売買するときに、確実に自分が登記できる状況にしておくことが重要です。法律と登記手続きを知っていないと、知らないうちに危険な取引に巻き込まれるかもしれません。

当事務所では、売買契約のときから中立な立場で間に入り、確実に契約を実行させるサポートもしています。不動産を購入される予定のある方は、一度ご相談ください。

不動産の名義変更手続きの専門サイト

不動産の各種名義変更や相続に関する専門サイトはこちら

 

売買、相続、贈与、離婚に伴う財産分与などの不動産名義変、遺産相続手続き及び相続問題の専門サイトです。

予約